なんかAIブーム来てるらしいし、とりあえずこれ読んどけ。【絵でわかる人工知能】【読書録】

こんにちは、理系東大生ブロガーサトゥーです。

 

f:id:bighope-lumiere0916:20180131223700j:plain

 

 

まずはニュース。

 

 

みなさんのポチポチのおかげで、

東大生ブログランキング2位になることができました!!

f:id:bighope-lumiere0916:20180207023212p:plain

本当にありがとうございます。

 

1位目指してもっといい記事書けるように頑張ります〜!!

 

今日もポチッとよろしくね。

 

 

 

 

さて、読書録です。

 

 

今日はこちら!ドンっ

 

 

 

 絵でわかる人工知能ですって。

 

 

なんか最近、(というか時代遅れ感すらありますが)AIとかよく聞きますよね。

 

AIっていうのは、

Artificial Intelligence(人工知能)の略ですね。

 

DUOっていう英単語帳に、まんまこういう例文ありますね。

 

"AI" stands for "artificial intelligence." 

 

でしたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

人工知能といえば、

僕はHUNTER×HUNTERのメルエムっていうキャラを思い出すんですが。 

 

みなさん、ご存知でしょうかね。

f:id:bighope-lumiere0916:20180207014653j:plain

メルエム/HUNTER×HUNTERより

 

こんなバケモンみたいなやつが敵に出てくるんですね。

 

食べる程強くなる!!」とか言ってますね。

この発言からわかるように、このメルエムっていうやつは、

 

 

捕食すると、

そいつのパワーを自分のものにしてしまうんですねー。

 

 

とんでもないバケモンですよね。

 

 

異常な成長速度とか、ボードゲームも学習して最強になったりとか、

なんか人工知能のアナロジー的な存在なのかなぁと思っています。

 

 

 

さて、ここまで話が逸れに逸れましたが、書評に戻りましょうか。

 

 

 

 

 

 

明日使いたくなるキーワード68」とある通り、

 

内容としては主に、

 

AI周辺の重要なキーワードわかりやすく解説されています。

f:id:bighope-lumiere0916:20180207015810j:plain

 

これらの単語の意味がわかるようになります。

これは明日友達に自慢できそうですね。

 

「絵でわかる」とあるように、絵で直感的に理解することができ、

僕たちのイメージを助けてくれます。

 

とってもわかりやすかった。

 

 

 

これから人工知能が我々の生活により深く関わってくるようになった時、

私たちは何を考え、行動すべきかのヒントまで書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

個人的に好きなワードは「人工無能」ってやつ。

 

人工無能(または人工無脳)は、知能がないという意味ではなく、人工知能ではあるものの、如実にその不完全さが現れている人工知能のことを言います。

 

英語圏ではchatbotと呼ばれているそうで、

いわゆる「おしゃべりbot」のことですね。

 

 

 

 

 

 

 

AI女子高生の「りんな」とかは人工無能の部類なんでしょうかね。

 

 

 

 

 

どれほど無能なのか、実際に友達登録して話しかけてみました

 

 

f:id:bighope-lumiere0916:20180207021716p:plain

 

 

 

 

これは有能だわ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bighope-lumiere0916:20180207021938p:plain

 

 

 

 

しかも数分後に宣伝も入れて来ましたこの野郎。

 

 

 

 

もう2月7日なのですが...

 

 

有能なのか無能なのかよくわからん...

 

 

 

 

 

 

とまぁ、人工無能というちょっと面白いワードも紹介されてるという話でした。

 

 

 

人工無能の意義についてもちゃんと解説がされています。

 

我々人間は、人工知能が人間の知能を凌駕するのではないかという、期待と不安が入り混じった気持ちを抱きます。しかし、人間を目指そうとしているように見えるものの全く到達できていない人工無能には、安らぎと愛嬌を感じます。人工無能は、人工知能に対してセンシティブな人間の心理を緩和する役割を担っています。

 

 

はい、おっしゃる通りだと思います。

 

 

人工無能とはちょっと違うかもしれませんが、

技術はGoogle、Facebookの5年先を行く? 世界取りを狙う「大喜利AI」開発者たち - 朝日新聞デジタル&M

こちらの記事には「大喜利をするAI」が紹介されていますね。

twitter.com

これですね。

 

 

うーん、人工知能の世界は面白いですね。

 

 

 

 

 

まぁ、こんな感じで(実際はもっとわかりやすく、詳しく書いてあるよ!)

 

明日使いたくなるようなキーワードがたくさん書いてあるのがこの本の特徴。

 

 

文系でも理系でも

プログラミングとかできなくても

誰でも読めば人工知能について詳しくなれる

魅力的な本ですね。

 

 

 

 

オススメの人!

  1. 人工知能について詳しくなりたい人
  2. なんとなくAIについて知りたい人
  3. 人類の将来が不安な人

 

 

 

以上です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

今日もあなたと私に幸せなことが起こりますように、ポチッと頼む。↓

東大生ブログランキング