「数学ガール」の結城先生とのちょっとした思い出

サトゥー

こんにちは、理系東大生ブロガーのサトゥーです。

 

今日は、界隈ではものすごく有名な「数学ガール」の著者、結城浩(@hyuki)先生とのちょっとしたやりとりの話です。

先日、結城先生に僕が送ったメールをブログに載せていただきました。

参考 三年前に「東大に行きます」と宣言して

とても嬉しかったので、今日は数学ガールとのちょっとした思い出話を残しておきます。

 

 

 

僕が「数学ガール」と出会ったのは、高2の秋です。

たまたま暇つぶしに、本を読んでみようと思って、高校の図書館を漁っていたら出会ったのが最初でした。

 

最初に読んだのは「ゲーデルの不完全性定理」でした。

 

当時高校数学すら全て理解できていなかった僕には、難解な記号がたくさん並んだムズカシイ本ではあったのですが、

普通に物語として読んでも面白かった。

 

サトゥー

へぇ、数学にはこんな世界があるのか

 

と感じた瞬間でした。

 

 

 

僕はそれまで、サッカー選手の自伝以外の本を一切読まない人間だったのですが、ここで初めて、本の面白さを知ります。

 

サトゥー

本って面白い!

 

そして、まだまだ世の中には分からない世界がたくさん広がっていることにも少しワクワクしました。

 

 

 

 

 

 

結城先生に「東大合格宣言」をしたのはちょうど3年前、2015年4月の話でした。

僕が高3になった頃ですね。

 

周りの人も受験勉強を本格的に始め、地元の友達も「東大を受ける」ということで邪魔にならないようにと気を使ってくれて、毎日勉強していて、勉強と、趣味のギターと、読書をしていました。(本当はあまり勉強してませんが)

みんな受験モードで、ちょっと孤独で、ちょっと疲れてた時期ですね。

 

高3の4月、受験勉強も本格化しだす頃。

Twitterで、「数学ガール」の結城先生が、最新作のプレゼント企画を行なっているのを知り、

試しに応募してみました。

 

 

数学ガールの感想を書いていいとのことだったので、次のような感想を送りました。

春から高3になる者です。学校の図書館で数学ガールを借りて読んでました!とても分かりやすく基礎から応用まで流れがあって、数学の奥の深さを体感しました。今回微分が発売されたということで、微分でどのような面白い話をするのか楽しみです。受験勉強の合間に読んで、東大に現役で行きます!頑張ります!!

原文ママです。

 

とりあえず「東大に受かる」という(当時の自分には)無理だった目標を、

誰かに宣言して、勉強のきっかけにしようという思いで、結城先生に宣言しました(ワロタ)

 

 

2日後。

なんと、当選のメールが。

当選おめでとうございます!

結城浩です。このメールは、
書籍『数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて』サイン本無料プレゼント
https://bit.ly/note5present
へ当選した方へ送っています。

 

今は実家の本棚にあります。

 

 

 

あれから3年間経って、色々ありましたが(色々は僕の浪人時代の記事でもみてください)

ちょこちょこでしたが「数学ガール」も読んで、

周りの人に数学を教えるときにはさりげなく本の内容を丸パクリして解説とかしてみたりして。

 

今年の2月に「乱択アルゴリズム」を読んでやっと全てのシリーズを制覇しました。

 

と思ったら、また新作が。

 

待望の新作。「ポアンカレ予想」です。

とりあえずやたらムズカシイテーマだったのは知ってます。テレビかなんかでみたことある。
ペレルマンのやつだっけ?

 

まだ読めていないのですが、楽しみです。

また読んだら書きます。

 

 

 

今回もプレゼントキャンペーンをやっていたので、応募していました。

せっかくなので、3年前に宣言したこと、一浪したけど東大に受かったこと、今は環境に恵まれていること(これでも図書館とか活用して勉強しているのですよ!)など、僕の「数学ガール」との思い出を書かせていただきました。

 

いつもお世話になっています。

東京大学新2年のものです。
2015年春に結城先生の「数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて」のサイン本が当たってから3年が経ちます。
3年前に、数学ガールと出会って、
当時高3になろうとしていた私は「これなら楽しみながら受験勉強ができそうだ」と確信し、応募メールで「東大に行きます」と宣言したのを鮮明に覚えています。
あれから3年経ち、結局1浪してしまいましたが、無事第1志望の東大理科I類に合格し、
現在は自分の関心のある分野について大学の図書館などを通じて調査したり、大学生と交流したり、結城先生のように自分の考えをブログで発信したり、やりたいことをたくさんやっていて毎日が充実しています。

今回、ポアンカレ予想の本を出版されるということで、とても楽しみにしておりました。
話が進むにつれてどんどん賢くなってゆく登場人物の方々についていけるかどうかは少し不安ですが(笑)、自分なりに今回も食らいついて、
まだ中学生の弟たちの世代に「数学ガール」を自分の言葉で広めていければと考えています。

 

まぁ抽選は当たらなかったのですが(笑)、結城先生から「webサイトに載せたい」という連絡を頂いた時には、

サトゥー

あ、なんか書いてよかったなぁ

と思えました。

 

 

という話でした。皆さんもぜひ「ポアンカレ予想」買ってみてください。

「数学ガール」というシリーズは少し高度なテーマを扱っているので、中学高校生の方には、「数学ガールの秘密ノート」シリーズだと自分の勉強に直で活きてくるのでオススメです。

 

それでは、今日もクリック頼んだ。

東大生ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)