大学入試模試の採点バイトをやって感じたこと。

サトゥー

こんにちは、理系東大生ブロガーのサトゥーです。

 

ここ1週間、とある模試の数学の採点業務を行なっておりました。

実際に1500枚くらいの高校生、受験生の答案に触れてみて、感じたことを記録します。

 

 

ちなみに、採点バイトはまじで答案にマルバツつけてるだけでお金が自然と稼げてしまうウルトライージーバイトですので、

熾烈な受験戦争を乗り越えてきた大学生の皆さんはぜひやってみてくださいな。

 

 

 

 

どうでもいいミスが多すぎ。

 

 

どうでもいい計算ミスも多いし、どうでもいい問題の読み間違えも多い。

 

しょーもない計算ミス

 

ルートが入って来ると急に二乗の計算で間違えたり、最初の微分計算間違えたり、
字が雑なせいで自分で符号とか数字とか間違えてたり。

もう見るに耐えないくらいに悲惨な答案が多くありました。

 

こんなやつとか。(あくまで例です)

{(\sqrt{x+3} + 1)}^2=x+3+1

f(x)=3x^3 - 5x -2 のとき、\frac{d}{dx}f(x)= 9x^2 + 5

 

字が綺麗じゃなくても、丁寧に書くことは可能ですよね。

試験の答案でも大学のレポートでも、見栄えがいい方が印象が良くて、
印象がいいほど高く評価されるのは、人なんだから当たり前だと思います。

 

僕も字は綺麗ではありませんが、答案は極力丁寧に書いていました。
(というか問題用紙に下書きしてから解答書いてました)

 

しょーもない問題文読み間違え

 

問題文の読み間違えについては、

極値を求める問題なのに、極値をとるxを求めてたり、

そもそも条件式を間違えていたり、

確率を求めるケースを間違えていたり、

一般のnで示すべき問題を、n=1で示して終了してしまっている答案だったり。

 

本当にもったいないです。

少なくとも模試の採点では、どんなに時間をかけてじっくり解いても0点です。

 

 

 

「明らか」という言葉使いすぎ。

 

 

これは僕が個人的に「危ないな」と感じた点です。

わざわざ書かなくてもいいところに、「明らか」って書いてあって、

それが悪い意味で目立つものが複数ありました。

 

マウント取りたくなる気持ちはわからなくもないけど…

 

 

 

「明らか」っていう表現、使わなくていいと思うんですよね。

「明らか」っていう言葉は、明らかかどうか自信がないからこそ出て来る言葉なんじゃないかと思っています。

 

1+1=2は明らか。って普通答案に書きませんよね?
こんなこと書いてあったら、

採点者

こいつ、喧嘩売ってんの?

とか思われかねません。

少なくとも採点者の印象は悪くなると思います。

 

 

「明らか」なんていう言葉使わずに、
普通に1+1=2と書いておけばいいんです。

 

だいたい、主張が明らかかどうかなんて人それぞれなんですから、
論理的客観的な答案が求められる数学の解答において、
「明らか」という単語をわざわざ使うのはナンセンスではないかと考えます。
入試の数学の答案で使うのはやめときましょう。

 

 

加点対象になるような計算過程をハショるせいで、全然点数がもらえない

 

考えたことは過程もなるべく書きましょう。

自信ない問題は特に。

書いてないところを汲み取って得点を与えることは、少なくとも模試では不可能です。

計算過程はしっかり書くことによって、計算ミスを予防することにも繋がります。

 

日本語がなくて、ただつらつらと式変形が書き並べてあるような答案が多すぎです。

もちろん言いたいことはわかりますが、これは果たして記述答案として評価される解答になるでしょうか?

 

練習が必要だし、面倒だとは思いますが、

数学の答案に言葉を使って、論理の流れを明確にする練習をするのが良いと思います。

 

 

 

解答の書き方がめっちゃ重要

 

採点基準は採点チームで共通のものを使っているので、

サトゥー

あ、この人絶対こうやろうとしてるのに勿体無いなぁ

とか、

サトゥー

あぁ、ここできっと計算ミスしちゃったんだろうなぁ

とか、そういう解答にしばしば出会います。

 

僕は(理系では珍しいらしい)細かいところとか割と間違っててもだいたいあってればまぁいいんじゃね?という人間だったので、点数をあげたくなっちゃうのですが…

僕が点数をあげたくても、客観的にダメなもの、明示されていないものは基本的にダメなんです。

悔しい。

 

 

解答の書き方が悪くて罰にせざるを得なかった話

 

ある問題で、僕が採点している答案に一つ、

やっていること自体は正しい別解がありました。

そのような解答をしている人は僕の知る限り他にはおらず、採点基準も当然用意されていません。

解答自体は言いたいことは完全に正しく、

僕は問題ない解答と判断して満点を与えましたが、

そこで採点チームのリーダーと話し合った結果、0点になってしまいました。

 

 

理由は、論証の順序が明確でないから。

 

 

示すべき式があって、その式を同値変形したら明らかにわかるような式が(たまたま)得られた

というような内容の解答が書いてあったのですが、

 

リーダーからは、示すべき式から議論が始まっているように見えてしまったのでしょう。

この答案を書いてくれた子も、おそらく考えながら答案を書いていたらたまたま解けてしまったのでしょう、
論証の仕方には不備があると言われても仕方ないようなものでした。

 

僕は個人的には満点をあげたかったのですが、残念です。

 

 

 

基本レベルの問題のストックがない

 

採点をしていて一番強く感じたのは、基本的なミスがあまりにも多いこと。

計算ミスもありますが、
そもそも典型問題のストックが足りていないのも大きな要因になってくるのではないかと考えています。

 

ぶっちゃけると、高校数学はある程度のレベルまでなら頭の中に解法を叩き込むだけでなんとかなります。

Focus Goldや青チャートの例題をとにかく頭に叩き込んでください。

 

 

その辺の標準的な模試については、出題される問題はチャートやFocus Glodの例題に毛が生えた程度のものなので、

叩き込んだ知識をちょっと応用して再現するだけで満点がもらえるものばかりです。

 

 

まずは何度も例題を解いて、

頭の中に解法ごと叩き込んでしまうという勉強を試してみてはいかがでしょうか。

ここは暗記でどうにでもなるところですから。

 

 

 

以上、模試採点をやってみて感じたことでした。受験生の方の参考になれば幸いです。

簡単にまとめますと、

まとめ
  • しょうもないミスにこそ、細心の注意を払おう。
  • 「明らか」とか無駄に使わない。採点者に喧嘩を売らない。
  • 計算過程はなるべく書こう。
  • 解答の書き方は客観的に、論理の流れが明確に分かるように。
  • 基本レベルの問題のストックを充実させよう。

 

散々偉そうなこと言いましたが、だいたい僕も経験しているミスなので。。。。まぁ、気をつけましょう。。。

 

それでは、今日もクリック頼んだ。


東大生ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)