エメットの法則(フッ軽最強の法則)

サトゥー

こんにちは、みなさん元気してますでしょうか。理系東大生ブロガーのサトゥーです。
最近、やることが溜まってしまい、どうしても処理が後手後手になってしまいます。

サトゥー

今日はできないから、明日以降やるか…
と決めて寝て、

明日になると、

サトゥー

あれ、こんなにしんどかったっけ…つら…
ってなる事ありませんか?

僕はバリバリこの状態なうなんですが。

これは「エメットの法則」なんていうかっこいい名前が付いているのだそうです。

エメットの法則とは?

エメットの法則とは、タイムマネジメントの専門家、リタ・エメットさんが提示した、

「仕事を先延ばしにすることは、片付けることよりも倍の時間とエネルギーを要する」

という法則らしいです。

リタ・エメットさんはこのような本を書いています。

こちらの本の中に「エメットの法則」が出てくるのだそう。

今度読んでみます。

確かに、先延ばししてしまうと、

そもそも内容を忘れてしまっている場合が多いし、「思い出す」という余計な労力がかかる。

先延ばししたことすら忘れてしまっている場合もある。「覚えておく」という余計な労力もかかる。

しかも、締め切りまでの時間は確実に短くなっているから、精神的な負担もあると思います。

もしかしたら「先延ばし」という行為は、

「タイムマネジメント」ではないのかもしれませんね。

夏休みの宿題とか、いつも最終日の夜に泣く泣くやってたけど、

あれ、いっつも途方も無い量に感じられたもんなぁ…

もしかしたら大したことなかったのかもしれない…

先延ばしを克服するために

では、これを克服するためにはどうすればいいのでしょう。

完璧より完了を

完璧主義ってあんまり良くないよなぁって経験上感じます。

何かの資料を作るときとか、クオリティにこだわろうとして、

その結果先延ばししてしまう。

先延ばししてしまったのだから、余計にクオリティを求められる(ような気がする)。

これが負の連鎖となって、精神的に地獄の状態になります。(僕も去年のある時期そうなっていました)

自分はどうせどんなに頑張っても限界があるのだから、

一度60%くらいのものでいいから「たたき台」として完了してしまうのは、

時間的にも内容的にも一番効率的なのかもしれません。

その場その場ですぐに60点を作れる方が成功するのかもしれません。

まとめ

サトゥー

フッ軽男子になります。
すぐに行動。

明日やろうは馬鹿野郎ですね。

それでは、今日もみなさんに幸せが訪れますように、ポチッと頼んだ。


東大生ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)