ついにGutenbergにしてしまった

サトゥー

こんにちは、サトゥーです

ついにこのブログのWordPressのエディタもGutenbergにしてしまったので、どうでもいいですが報告です。

Gutenberg とはなにか

Gutenberg とは、WordPress5.0 から標準となったエディタです。
これまで WordPress に触ったことがある人なら分かると思うのですが、記事の執筆画面が大幅に更新されて話題になりましたね。

note や Medium のような直感的に記事をかける、整理されたUIになっているのが特徴的です。

これまで Gutenberg から逃げていた理由

そんな新エディタ Gutenberg ですが、導入されてから今までは、自分も以下のような理由で忌み嫌っておりました。

AddQuickTag が使えない

これまで Classic Editor を使ってきた方なら分かると思うのですが、AddQuickTag という伝説のプラグインがありまして、これがあればショートコードとか TeX の数式とかを簡単に書けるんですよ。

\displaystyle y = a x + b

みたいな式を表示するときって、WordPress ではこうやって書く必要があるのですが、

この数式の前後を毎回入力するのが面倒で、AddQuickTag を使ってワンクリックで呼び出せるように設定すると便利なんですよね。
Gutenberg を導入すると基本的に AddQuickTag が使えなくなると聞いていたので、かなり導入のハードルがありました。。

今はひとまず ↓ の記事の再利用ブロックでごまかしていますが、数式を入力する機会が多いので結構不便…

参考 『再利用可能ブロック』のもう一つの使い方ねるこブログ

これまでの記事のリライトのときにバグりそう

新しいものに移行するときは仕方ないことではありますが、これまで書いてきた記事をリライトするときにエディタが変わってしまうと、表示がバグってしまいそうな問題が考えられます。

このあたりは今後リライトしてみて、実際にどうなったかを追記していきたいですね。

実際に Gutenberg を使ってみて

とはいっても、、、どうせいつか Gutenberg に変更しなければいけなかったので、時間がある GW のうちに移行作業を完了しておきたいという次第でした。

実際に使ってみると、やはり書き心地は間違いなく良くなっています。
ブロックタイプのエディタも、 Notion などに慣れているのですんなり慣れたというか。
上で述べた2点の懸念だけ解消されれば特に不満もなく、という感じです。

この記事をご覧の Classic Editor を使用されている方も、ぜひ時間のある GW のうちに新エディタ Gutenberg に移行してみてはいかがでしょうか。

サトゥー

ぼくももっと定期的にブログ更新がんばります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)