西日本突撃旅 最終日〜直島編〜【ひとり旅】【インスタ映えする島】【青春18きっぷ】

昨日の続きです。

昨日の内容はこちら

www.planeta.tokyo

 漫画喫茶の夜

とりあえず野宿の疲れが溜まっていたので、

漫画喫茶で寝ようと頑張りますが、

寝れない。

なんか、今まで野宿だったんだけど、

荷物だけは盗まれないように常に気を張ってたから、

睡眠しててもめちゃくちゃ浅いんですよね。

うーん、なんか寝れない。

「せっかく漫画喫茶に来たのに、漫画読まなくていいのか

という謎の焦りも生まれる。

結局、

1時間ほど軽く眠り、

漫画読みつつ朝を待つことに。

それにしても、日焼けがマジで痛い。。

夜飯食べるの忘れたし、

満喫で食事するっつっても、

味分かんないものに限られた金を払うのもなぁということで、

無料のコーンスープを飲みまくって耐えしのぎます。

12時間パックをフルに使って岡山を出ます。

キングダム最新刊まで追いつきました。(イェイ)

面白すぎるまじで。

いざ直島へ!

岡山駅に歩いて戻る途中、

見えない何かに対して声を荒げるおっさんが複数いたな。。。

「瀬戸内の女の方がなんとか」

みたいなの叫んでたな。。

おそるべし岡山。

7:10発のマリンライナーというやつに乗ってフェリー乗り場へ。

1回乗り換えて、

8:20ごろ発の直島行きのフェリーに乗ります。

f:id:BigHope:20170818152409j:plain

おぉ、中が豪華。

生口島に向かう時のフェリーとは次元が違くてびっくり。

ちなみに岡山から直島のフェリーは片道290円だったはずです。

フェリーからの景色

f:id:BigHope:20170818152555j:plain

20分後、見えてきたぞ。

f:id:BigHope:20170818152638j:plain

直島上陸です。

とりあえず人がたくさんいたので、

まずは人がバラけるまでは港周辺をぶらつきます。

f:id:BigHope:20170818152754j:plain

直島の温泉。

とりあえず何かが違う温泉だろうなぁ、

というのは見ただけでわかった。

しかし、

僕がきた時間は空いていなかったので

残念ながら入ることはできませんでした。

後々調べてみると。

matome.naver.jp

いい感じの道。

f:id:BigHope:20170818153710j:plain

なんか、歩きでも一周できるかな?

って思って島の対岸目指して歩いてみますが、

500mくらい歩いて、

地図で改めて確認したところ、

「これはきついわ」と悟ったので、

港近くのレンタサイクルに戻ります。

ここでも500円の普通自転車と、1500円の電動自転車があったのですが、

前日の生口島での、

2周しても有り余る体力を思い出し、

調子に乗って普通自転車をレンタルします。

店員さんの、

「大丈夫ですか?アップダウンきつめですよ?」

というありがたいアドバイスも完全無視で出発します。

とりあえずは島を1周しよう…

出発から3分後。

早速絶望的に長い上り坂です。(もう写真とる余裕はなかった)

早くも致命的なミス。

「きっときつい坂はここだけ」と言い聞かせて、

根性で立ち漕ぎで乗り越えます。

すでに汗ダラダラ。

坂を越えたかと思うと、ものすごい下り。んでまた上り。

これは完全に電チャリを選ばなかった僕のミスです。

かといってまた戻って電動にする気力もなかったので、

もう根性だけで乗り切ることを決意します。

根性で一周します。

みんなは直島に来るときには電動アシスト付きをレンタルしようね!!

景色は感動するくらい綺麗なので頑張れます。

とにかく暑いのと、日焼けが痛いのと、寝不足でぶっ倒れそうなだけ。(やばい)

f:id:BigHope:20170818153937j:plain

f:id:BigHope:20170818153811j:plain

島にもコンビニがあった!

坂を上る途中。

f:id:BigHope:20170818154047j:plain

ゴミ箱もあったよ。どでかい。

そういえばここは「アートの島」だった。

f:id:BigHope:20170818154135j:plain

不思議なオブジェがいっぱい。

f:id:BigHope:20170818154209j:plain

空の青のおかげで、木々の緑が映えますね。

f:id:BigHope:20170818154233j:plain

いい感じのビーチにもきました。

f:id:BigHope:20170818154342j:plain

なんか夕日がめっちゃ綺麗らしいよ。

日没までいられなかったけど、

また、生きてるうちに来て見たいです。

f:id:BigHope:20170818154608j:plain

黄色いカボチャ」のオブジェに群がる人々。

f:id:BigHope:20170818154651j:plain

ありえないくらいキッツイ坂を上ると。。。

f:id:BigHope:20170818154835j:plain

ネコバスのていりゅう所。トトロのやつだよね。

とても素敵なものを見てしまった気がした。

続いて、地中美術館

この島といえば、みたいな美術館。

入るためのチケットを買うための整理券をゲットしておかなければいけません。

f:id:BigHope:20170818154947j:plain

確か9:45から、

美術館から少し坂を下ったところにある、

チケット販売所みたいなところで整理券を配り始めます。

僕が行った時は、チケット買うのに45分くらい待たされたから、

何か暇つぶしツールあるといいかも。

ケータイの電波は繋がりました

入館料2060円はなかなかしんどかったです。

美術館は写真撮影禁止だったので、

写真は撮れなかったのですが(こういうところで写真禁止ってなんのためなの?)

てか写真撮りまくってるやつふつーにいたんですが。

まぁ文章だけで頑張って説明します。

地中美術館という名前の通り、

建物が地中にあって、照明はほぼ自然光という作りになってます。

コンクリの壁がそれっぽさを出している。

自然と人間の関わり」みたいなテーマがあったような気がする?

館内マップがない(順番とかはないよーみたいなメッセージ?)ので、

ある程度建物の構造を歩きながら把握しておかないと、

間違いなく迷います。

地中美術館のサイト↓

http://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

張り紙とかあったから、

多分案内の人とかはバイトなんだろうけど、

若いのに英語とかしっかり使えててすげぇって思っちゃった。

中には、クロード・モネ(睡蓮の人)、ジェームズ・タレル(光の人)、ウォルター・デ・マリア(球体の人)の三人の作品が展示してあります。

自分は抽象的なアートにはとにかく疎いので(多分生で見るのは初めて?)、

よくわからなかったのですが…素人目で思ったことを書くと。

モネは遠くから見るとすごかった。

ミクロではバラバラで無秩序に見えても、マクロでは絵がはっきりとしてきて、

しっかりとしたテーマが伝わってくる。

遠ざかりながら絵を見るといい感じでした(個人的に)

ところでなぜ「睡蓮」にこだわったんだろうか…変態なんだろうなぁと思いました。

光の人(タレル)は結構すげぇって思いました(どんだけ上からなんだよ)。

光自体を鑑賞するという発想がやっぱりすごいなぁと思いましたし、

実際に作品を感じることができる仕掛けもとても印象的だった。

超オススメです。この人のこの作品だけに2060円でもいいわ。

行けば分かります。

球体の人(ウォルター・デ・マリア)は、

図形の幾何的な美しさをアートに取り入れてて、

また二人とは違った良さが。

でっかい黒い球体が室内にあるのですが、完全にGANTZでした。

f:id:BigHope:20171223033725j:plain

あんな綺麗な球体があのサイズであると、

ものすごい違和感と恐怖を感じる。

さて、地中美術館の話はここまでにしよう。

地中美術館を見終わる頃には昼だったので、

坂の上にある定食屋さんへ。

この坂もきつかった。

ご飯が食べられるという喜びを噛み締めつつ、

サバの味噌煮定食を完食。ウメェ。染みる。

f:id:BigHope:20170818203111j:plain

ここまでで13時を過ぎてしまい、

帰りの船が14時のを予定していて、

もうだいたい回りきってしまっていたので、

あとは港付近で時間つぶしします。

赤いかぼちゃ。空が綺麗。

f:id:BigHope:20170818203330j:plain

もはや、どんなアングルで写真撮っても綺麗に感じる。

f:id:BigHope:20170818203448j:plain

帰りのフェリーでは高松に行きます。

チケットが600円くらいして馬鹿にならない。

1時間くらいかけていくのですが、

ここで体力の限界が。。。

さすがに4日間で7時間くらいしか寝ないのは無理があったか。。。

睡眠は大事です。マジで。痛感。

結局乗って席に座った瞬間から記憶はなく、

次の瞬間にはフェリーから降りる乗客に起こされていました。

乗客、ありがとう。

香川でついに限界を迎える

そんな感じで高松到着です。

実は今回一番楽しみにしていたところ。

今回だけはゲストハウス取ってたんだ。

f:id:BigHope:20170818203814j:plain

まずは栗林公園に行こう。

www.my-kagawa.jp

電車に乗りますが、

ここでまた深い眠気が。。

気づいた時にはまさかの徳島県…(最悪)

結局、栗林公園は見る時間がないため諦めて、

その後夕焼けを見にいく予定だった父母が浜も諦めて、

トボトボとゲストハウスへ。。。(まだ眠い)

次来た時にリベンジだ。

次までに、野宿でもしっかり眠れるような対策をしておかねば。。

(努力の方向間違えてる気が)

人生初のゲストハウス。

おしゃれ。

f:id:BigHope:20170818204233j:plain

管理人さん?オーナー?の人と色々話をして(高松のこととか、ゲストハウスのこととか)、とりあえずうどんを食べに行きます。

うどん

f:id:BigHope:20170818204404j:plain

ばかうめぇ。

本場のうどんは強かった。

ちなみにこのうどんを購入した時、残り所持金は450円

あ、人生詰んだなと感じた瞬間でした。

翌日はメシ飲み物一切抜きです。

ゲストハウスに戻り、

一緒に泊まる外人さんたち、まだかなー

とか思ってたら、

やっぱり意識が飛びました。

何回か、オーナーの人が外人さんを紹介してくれるために、

わざわざ起こしてくれるんですが、

それでもすぐにぶっ倒れます。

睡眠は大事です。

まともに寝ないで、

毎日移動しまくって生きていけるのはどうやら3日が限界のようです。

目覚めるとすでに翌朝。

部屋には外人さん一人しかいない。

あぁ、もったいないことした…

もっとゲストハウスっぽいことしたかったのに、

大したことを何もせずに終わってしまった…

睡眠大事。

相当疲れていたらしく、掛け布団も完全に無視していたようです。笑

f:id:BigHope:20170818204851j:plain

まぁそんな感じで香川の時間も終了。

1日かけて東京へ帰ります。

ちなみにまだこの記事を書いている今も着いていません笑

どんだけ遠いんだよ。乗り換えも10回くらいするし。。

まぁ個人的には、

なかなか面白い旅だったかな!と思いました。

いろんなこと学べたし。。

あとは、

自分の今の環境がどれだけ恵まれているのかも実感できました。

お金は大事。

瀬戸内行くなら、

離島は絶対行くべきですが、

1日1個が限界かも。

以上、突撃旅終了です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

若いっていいね!!!

ヒッチハイクとかもやってみたい。

最後に、今日もポチッとお願いします。


東大生ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)